読売テレビ 【かんさい情報ネットten!】

読売テレビ 【かんさい情報ネットten!】でシカ踏切の報道がありました。

放映日時 2017/12/01  17:17~

踏切が開くまでシカがお行儀良く待つ事でしょうか?・・

遮断器がユーソニックです。以降 シカ踏切の説明(略)

 

その効果は?

シカ踏切を設置した去年の5月から起きた事故はたったの1件! 事故が激減したのです。

以上、放送の中より抜粋

——————————————————————————————————————-

補足:対策前の事故は青、対策後の事故は赤印の1件です。2016年の5月までは、トンネル出入口付近のみユーソニックを設置して第1ステップ小規模評価(※1)を実施、5月に東青山駅周辺の全域(シカ踏切)に設置を行い本格的な稼働になりまました。このような理由で2016年の接触事故2件は、未設置部の事故のため青色のグラフになっています。

※1鹿に優しい鉄道事故対策の第1ステップ:小規模評価を参照してください。

青で示す事故件数推移は2015年まで毎年増加していました。これはシカの生息数の増加や環境域の増加と思われます。ニホンジカの自然増加率は毎年18%の増加です(※1)。他の鉄道事業者の事故件数推移をみても、ニホンジカの増加率に近い値の増加率になっています。

※1環境省自然環境局が平成27年4月に発表した資料2012年中央値

「音による獣害対策は効果が無い」「音による獣害対策は慣れが発生する」という言葉を聞きます。上右図(映像コピー)で示された事故推移グラフから「音による対策効果はあり、「慣れの発生はなし」と言って良いでしょう。