超音波で誤動作しません!

【よくある質問】

超音波で、「電波時計」は誤動作しませんか?」  ⇒ ユーソニックでは、誤動作しません。
超音波で、「赤外線リモコン」は誤動作しませんか?」 ⇒ ユーソニックでは、誤動作しません。
ユーソニックは、電磁波を使って動物を忌避していますか?⇒ 電磁波は使っていません。
超音波で、「ペースメーカ」は誤作動しませんか?」 ⇒ ユーソニックでは、誤動作しません。
超音波で、「携帯電話」は誤動作しませんか?」  ⇒ ユーソニックでは、誤動作しません。

【電波時計について】

電波時計は、福島県から発射される40KHz、佐賀県から発射される60KHzの電波(電磁波)を受信して時刻調整をしています。超音波撃退装置も、40KHzや60KHzを含んだ音波を出しています。しかし、電波時計を超音波撃退装置の前で動作させても、「正常に時を刻んでいます」・・・なぜでしょう。

  (理由)

電波時計は、電波(電気と磁気の波)を利用していますが、超音波は空気の圧力変化の波です。音を高くしても電波になりません。電波は、1秒間に地球を7周半(300,000Km)進みますが、音波は、0.34Kmしか進みません。音を高くして超音波になっても同じ速度であり、音の性質を超えることはできません。電波は、真空中でも伝達しますが、音波は、空気の振動のため空気が無いと伝達しません。超音波になっても音波と同じで真空中では伝達しません。超音波は、水中や金属の中では、伝達速度が早くなります。ここでは、空気中の一般的な条件(気圧や温度)で説明しています。

【赤外線リモコンについて】

赤外線リモコンは、人間に見えな領域の光を利用しています。これも、電波時計と同様で、全く異なる性質のもので、音は光に影響を与えません。

【質問:ユーソニックは、電磁波を使って動物を忌避していますか?】

 ユーソニックは、動物の撃退に電磁波を使用していません。電磁波の外部への漏れないように設計をしています。私たちが日常使用する電化製品は、法律で電磁波の規制があります。ユーソニックも、その法律に準拠した設計をしています。

 次の写真は、電波暗室で安全基準を満たしているか測定しているものです。この写真の奥の壁面付近にアンテナが設置されていて、ここでユーソニックから発する電波を受信して、隣の部屋の計測器で電波の強さを測定します。下左の写真は、ユーソニック・ミニの測定直前のもので、測定中はターンテーブルが自動回転してユーソニック全面の電波を自動測定します。

IMG_3797電波暗室

電波暗室で実験していると、携帯電話の周波数帯で数値が高くなることがありました。廊下を歩く人の携帯電話からなのでしょうか?私たちの測定者の携帯電話は、電源OFFです。

【 質問:超音波で、携帯電話で誤動作しませんか?の回答】

冒頭「超音波で携帯電話が誤動作しませんか?」の質問に対し「誤動作しません」の回答をしました。携帯電話の使用帯域800MHzにおいて、ユーソニックから放射される伝導性妨害強度は、規制値の1/200(-23dB)~1/300(-25dB)でした。ユーソニック3機種により若干データに差はあるものの良好な結果となました。このことから、携帯電話が誤動作しない根拠になっています。

 【 質問:ペースメーカの誤動作の回答】

ペースメーカの誤動作させるような電磁波は、発生していません。理由は、一般家庭の100V電源で使用する家電製品の安全基準試験を実施しています。アダプターを用いた低い電圧で動作する製品は、この試験を省略できるため、アダプターを使用する製品よりも安心です。

超音波に関しては、医療用機器や美容器などでは、使用を避ける項目があります。これらの機器は、振動子を直接人体に接触させて超音波を伝達させる方式で、ペースメーカへの振動量が大きくなります。一方、ユーソニックから発する超音波は空気を介在してから体内への伝達になります。超音波は、異なる物質の境界で反射する性質があります。空気から体内(水)に衝突する境界では、多くの超音波振動は反射するため体内への影響は問題ない値です。また、コンサート会場の割れるような拍手や金属などが衝突した時には、大きな値の超音波が発生します。大きな拍手や爆音でペースメーカが停止するような事故は、確認できませんでした。ただし、ペースメーカを使用している人も、一般の人と同様に「装置の直前に長時間滞在しないでください」

【音波と超音波】

「音波」と「超音波」の違いは、音の高さです。音を高くしていくと、やがて聞こえなくなります。この聞こえない音を超音波と呼んでいます。聞こえなくなる音の高さは、個人差があります。若い人が高い音をまで聞こえる傾向にあります。そのため、超音波の定義も曖昧で、16kHz以上としたり、20kHz以上と定義したりします。雑談ですが、「超特急」、「超・気持ちいい」という表現もありますが、超の表現は、超曖昧です。超特急のように特急を超えても特急と同じで、超音波も音波を超えているようでも音波なのです。動物の種類によっても、聞こえる音の高さが違います。犬や猫は、人間よりも数倍高い音が聞こえます。音が高くなることによる性質の変化は、指向性が鋭くなり減衰が大きくなります。

【電波と電磁波】

この文書でも、電波、電磁波、光を混同して使用しています。電磁波は、周波数によって性質が大きく変化します。電磁波のうち300MHzあたりまでを「電波」と言って、テレビや携帯電話などの通信に使用します。300THz(テラヘルツ)から1000THzあたりは、「可視光線」、つまり「光」になります。それよりも高い周波数になると紫外線になり、放射線に変化します。電磁波は「電界と磁界が同時に存在し空間を伝わっていくエネルギーを持った波」なんて定義されています。わかりにくいですよね・・。

【超音波は特殊?】

超音波は、特殊ではありません。例えば、物を叩いたり拍手をすれば、人に聞こえる音に混じって超音波が発生しています。家庭で使用している電子機器も発生しています。聞こえないだけです。以前、安い家電製品を1階で使用したとき、私には聞こえない音が2階の子供には聞こえていました。電子機器に内蔵する電源(スイッチング電源)の振動が音となって伝わっていました。

【なぜ、超音波は人間に聞こえないのですか?】

外耳道(共振器)、蝸牛、鼓膜、耳小骨、などの大きさや構造により、20~200,000Hzの振動は、人間の耳の中を伝達して脳に届きます。赤ちゃんの泣き声など、少し高めの音2000Hz~4000Hzが、最も効率が良く伝わり、小さな音量でも良く聞こえます。この範囲から離れるほど、伝達しにくい構造になっています。やがて聞こえない音になると超音波と呼びます。

【ユーソニックは、AE波は使っていますか?】

AE波 に記載