ドローンで鹿の追い払い実験

2017年7月5日ドローンによる鹿の追い払い実験をしました。
追い払い用ドローンは、TEAD社製(試作品)で、忌避音を発生させるユーソニック(試作品)とカメラを搭載しました。軽量化したユーソニックは、鹿の嫌う音を収束させて放出する設計で効果距離を伸ばしました。カメラは、ドローン前方の画像をリアルタイムで電送して操縦の手助けを行うものです。カメラ用配線が見えますが今回の可能性評価目的には支障はありません。

usonic_drone

更にもう一機、先ほど説明した鹿の追い払い用ドローンを撮影するためのドローン(ファントム)も飛行させました。
操縦はTEAD様が実施しました。次の写真左は、鹿追い払い用ドローンの飛行準備作業、写真右は、ファントムのテスト飛行を撮影。

HP_TEAD_fantom

今回のフィールドテストは、県立公園内で実施。鳥獣捕獲事業者群馬県第1号の(株)シムックス様が、群馬県と前橋市に対し申請手続きと地元への説明を行い、レンゲツツジの開花時期終了後に実現できました。「実証実験実施中」の旗は、県の指導によるものです。

Flag_derr

ドローン飛行準備中に鹿が出没して下草を食べていました。急いで初回のフライトを実施したのですが、ドローンを注視し過ぎて、鹿が逃げ去ったことに気付かず、ドローンに対する反応、ドローンと鹿の間隔を知ることができませんでした。

その後、見晴の良い場所から目視と空撮用ドローンによる鹿を探索しましたが、鹿を検知することができませんでした。鹿の姿は無いのですが、日没も近いため最終フライトを決行すると、樹木の中で休んでいた鹿が飛び出して警戒声を発しながら逃げる様子が目視でも確認できました。操縦者の話では、操縦用のカメラからも鹿を検知でき鹿に向かって飛行したそうです。次の画像は、ファントムの空撮動画を加工して、ドローンと鹿の位置を示したものです。

drn_deer_m2

ファントムの動画より、鹿の逃げる姿が針先ほどの微小な点で確認できました。この動画よりドローンと鹿の間隔を割り出した結果、この画像の推定距離100m、鹿の飛び出し位置は判断が難しいのですが推定70~80mです。ドローンのみの飛行で鹿の追い払いができると考えられますが、ドローンを鹿に接近させる必要があります。今回の鹿の逃避開始位置とドローンとの距離から、ユーソニック搭載による追い払い効果があったと判断しました。鹿の捕獲に活用できる可能性が高くなりました。また、鹿の出没を確認してからのフライト計画でしたが、見えない場所で休息している鹿の追い出しにも活用できることが判明しました。今回、鹿の実験ですが猿や猪などの追い払い効果も期待できます。

協力会社
(株)TEAD様
(株)シムックス様

 

 

 

key:ドローン、獣害対策、超音波、追い込み、罠、先端技術、革新、逃避行動、忌避音、鹿検知、空撮、ドローン活用

ドローン搭載の課題

ドローンに、ユーソニックを搭載するときの課題について
drone
この画像は、装置を搭載したイメージ図です。
背景
 2015年5月に鹿と猪の生息を10年間で数半減させる法案が施行されました。獣害駆除の一つとして、猟犬により害獣を追い込んで射撃する方法があります。しかし、この方法は、猟師不足と猟師の高齢化、猟犬の飼育が問題になっています。この対策として、鳥獣撃退装置ユーソニックをドローンに搭載する案が浮上しました。ドローンから送られてくるカメラ画像を見ながら遠隔操作を行い、ユーソニック音を鹿に照射して目標地に追込みます。猟師は、追込先に待機して射殺する方法です。メリットは、険しい山道を歩き回ることが無く、安全場所で猟ができるようになります。
技術的課題
技術的な課題は、ユーソニックとバッテリーの軽量化、忌避音の効果距離、映像データの長距離転送があります。
①軽量化と動作時間
  販売機種のユーソニック・ミニは、筐体にアルミ材を使用しています。これを改造してバッテリーを搭載する簡易的なもので評価しました。バッテリーはニッケル水素単三電池8本を搭載で3kg程度の重量になります。動作時間は、120分以上確保し顧客要求を満足しました。
②忌避音の効果距離
  依頼者の話では、動物の鳴き声や銃砲の音を試しているようですが、一時的な効果で終わったようです。そのため当社に相談が来たのですが、当社は、地上固定設置での実績のみです。ドローン搭載による効果距離と即効性評価が必要になります。
長距離伝送できる軽量スピーカユニット部を試作しましたが、ドローン規制など解決できない課題があり中断しています。
(追記) 規制緩和によりドローンを搭載実証実験を開始しました。ドローンで鹿の追い払い実験をご覧ください。
③映像データの長距離転送
カメラの映像を1.5Km~2Km伝送したいのですが、電波法の規制により、強い電波を出せず距離が伸びません。アマチュア無線を用いた装置であれば、伝送できそうですが、アマチュア無線は、業務には使用できません。ラジコン好きの友人相談したところ、アマチュア無線免許を復活させ各種装置で映像の良し悪しや到達距離など試験してくれています。 ※追記を参照して下さい。
④ドローン規制
 更に国土交通省は、操縦者が目視できない範囲での飛行を禁止する方針を決めました。ドローン規制の法整備が進んでいる米国や欧州でも、安全性が担保できない理由で、目視範囲外での飛行を禁じています。日本でも、被災地の観測など、公共機関などが行うドローンの活動については、一定の安全対策を講じることで規制対象外とするように進んでいまが、獣害駆除の規制についての情報が見つかりませんでした。
最近(2016年1月)東京都は鳥獣対策に国家戦略特区制度を活用し、都内の山間部や島嶼部を、実証実験のためのドローン特区にする方針を固めた。 ドローンを飛ばす電波の周波数や出力を規制している総務省も都の要請に応じる見通し。特区になれば、操縦範囲が広がり、高画質の映像も送信できるようになることから、都は「様々な用途を研究していきたい」としている。 総務省によると、現在、ドローンの操縦や画像送信には無線LANなどと同じ周波数帯が割り当てられている。混信を避けるために電波の出力規制があり、無線LANの2・4ギガ・ヘルツ帯の場合、ドローンの操縦は最大で半径3キロ程度、画像送信をする場合は最大300メートル程度しか飛ばせない。(新聞から一部抜粋)
※1
(追記) ドローンで使用する電波の法改正(平成28年度)
2.4GHzと5.7GHzが改善されます。 資料内では、既存の無線LANの10倍、
5Km程度の長距離通信と記載されています。
    詳しくは、総務省の資料6をご覧ください。
   第三種陸上特殊無線技士以上の資格が必要です。
   第三種陸上特殊無線技士の資格は、国家試験か養成課程で取得できます。
(追記) ドローン追い払い実験を実施しました。( 2017.7.5)

 usonic_drone

詳細は、ドローンで鹿の追い払い実験 をご覧ください。

     実験では、飛行申請が日没まででしたが申請を変更すれば夜間飛行出来るようです。

飛行場所により規制や指導などがありますので、調整してください。

今回は、鹿の追い払いですが、猿の撃退、猪の撃退などにも利用できそうです。

 

 

 

鹿対策スタートの地点にて

今日紹介するの定期点検場所は、シカ対策の原点の地です。

narusawa_fuji

この地から鹿対策のお話を頂き、実験を重ねて、初の鹿対策が始まった場所で、富士山の雄大さに、思わず写真を撮ってしまいました。

写真右は、メンテナンス風景で、装置からの音レベルを測定しています。

木陰の設置してある装置は、直射日光が激しく当たる場所に比べ劣化が少ないようです。

劣化が激しいものは、スピーカ交換を実施しました。