鉄道電気技術賞と無事故継続

平成29年6月13日東京都千代田区ホテルメトロポリタンにて一般社団法人日本鉄道電気技術協会様より鉄道電気技術賞をいただきました。件名は、獣類と列車との衝突事故を回避し、鉄道の安全・安定輸送と野生動物との共存を実現した「シカ(鹿)踏切システム」の開発です。共同受賞した近畿日本鉄道(株)様、(株)京三製作所様、(株)トーキンシステム様、と関係各位様に感謝申し上げます。
会場で、近畿日本鉄道(株)様各位様と久しぶりに面会でき、その中で「シカ踏切」の無事故が393日継続しているとの情報を頂き、受賞に花を添えて頂きました。

賞状       鉄道と電気技術

今回の表彰に至った研究開発は、鉄道と電気技術2017年6月号のテクニカルフォーラム優秀賞の「汎用技術を応用した新しい仕組みの獣害対策」に掲載されました。近畿日本鉄道様の過去12年間の接触事故推移、これまでの対策内容、新しい仕組みと効果検証、実証確認などが記されています。汎用技術であるユーソニックの効果検証からシカ踏切に進展させて、更にシカ踏切のシステムとしての有効性を確認し、今後も、「鉄道の安全」を築き上げる内容となっています。

 

ゴルフ場のイノシシ対策

イノシシがゴルフ場に侵入してグリーンを掘り起こす対策として獣害侵入防止柵を設置します。しかし、イノシシは開口部を探す習性があり、やがて閉鎖できない出入口通路などから侵入します。こうなると苦労して設置した防止柵の効果が激減してしまいます。鳳凰GC色補正

左図は群馬県のゴルフ場の例です。ゴルフ場全周を防護柵で囲いましたが、正門から親子のイノシシが侵入、昼間でも目撃されていました。イノシシは、用心深い性格で夜間に出没するため夜行性のイメージがありますが、本来、昼行性で、危険を感じなければ、昼間から出没します。ゴルフ場に出没するイノシシは、野生の動物が持つ「警戒心」が、希薄になっています。人間への危害や車との衝突などの事故にもつながります。 

図のゴルフ場は、黄色の破線で示す位置に鉄柵が設置されています。長い鉄柵を設置している通路からでもイノシシが侵入します。ユーソニックの設置場所は、まず、電源を確保できる場所です。ここでは街路灯にある給電箱から供給することになりました。

IMG_0251s

設置場所は、下り方向に約50mの直線道路があり、道路の両側が樹木になっています。樹木の背面にはフェンスが設置されていてイノシシが樹木の後ろに回れない構造になっていて、設置に適した場所でした。イノシシがゴルフ場内に侵入するためには、この直線道路を50m歩く必要があり、この間イノシシの嫌がる音を聞かされることになります。

また、侵入するほど正面からの嫌な音量が大きなり侵入を断念します。 

このゴルフ場は、標準設置台を使用しました。泥跳が起きないようにコンテナに上にユーソニックを固定、風で飛ばされないように鎖も併用しました。 

鎖は、装置の取手を通す簡単な固定ですが、盗難防止にもなり、お勧めです。この場所は、樹木により直射日光が遮られるため、寿命面でも有利です。

このゴルフ場は、標準設置台を使用しましたが杭タイプ設置台が発売されると、簡単に設置できる杭タイプ設置台が多く出荷されています。

 

[設置場所のポイント]
  1. 電源が確保できる場所になります。
  2. 装置から出る強い音は、円錐状に広がります。道路幅や間口が広い場合は、装置を後退させます。音が弱い道路端を歩かせないようにします。また、左右に逃げられない通路に仕掛けます。
  3. イノシシの侵入予想経路を人間が歩いてみてユーソニック正面が継続して見えるような場所に設置します。これによりイノシシが歩行中、嫌な音を長く聴かせることができ高い効果を得られます。
  4. イノシシの侵入路と装置の間には、樹木などの障害物が無い場所にします。樹木で嫌な音が遮られると、イノシシは樹木の背面を歩きます。
  5. 装置は、「ユーソニック 4SP」もしくは「ユーソニックミニ」が、イノシシ対策に最適です。「ユーソニック 4SP」は、有効範囲が広く動作時間設定ができます。夜間から早朝までの設定、あるいは柵の開口時間を設定します。「ユーソニックミニ」は、タイマー設定機能はありませんので常時運転になります。
  6. 水平もしくは下向き方向に音を出すように設置します。上向き設置は故障になります。下向設置ができない場合は、「ユーソニックアッパー」を選定します。他機種に比べてイノシシに対する有効範囲が狭くなります。
  7. 泥はねや、積雪で埋没しない高さに設置します。ユーソニック4SP据置設置台、ユーソニック・ミニでは杭タイプを使用することを推奨します。
  8. 簡単に持ち去られないようにします。(盗難防止)
  9. 台風や強風で飛ばないように固定します。

-------------------------------------------

設置例(モハラテクニカ製 据置設置台を使用した例)

s_3024
ユーソニック本体のカタログは

USONIC-4SP-100

据置設置台のカタログは、下記をクリックしてください。
USONIC-4SP-RK05

据置設置台は、杭(ロープ止め)で固定しました。
・据置設置台の底に穴が開いています。
・杭の付属はありません、お客様にて用意してください。
・設置後、上下左右の調整ができます。

USONIC-4SP-100用設置台の取扱説明書は、下記をクリックしてください。
USONIC-4sP-RK05_Instruction manual

仮設置の場合は、簡易設置法を参照してください。

 

 

-------------------------------------------

杭タイプ設置台を使用した例

s_3024杭タイプ設置台付きユーソニック・ミニの形式名は
USONIC-mini-A5

杭設置台は、USONIC-MINI-PKT 個別でも販売しますがセット品よりも割高になります。

設置手順は、次の項を参考にしてください。
ユーソニックミニ杭タイプ設置方法

パイプ上部は、ハンマー打ち込み補強しました。
パイプ先端は、尖った形状に加工してあります。
パイプの長さは、1mです。

-------------------------------------------

今後、防護柵を設置するゴルフ場の対応   

開口部を探す習性があるため、防護柵工事と同時にユーソニックの設置をお勧めします。

このときに、イノシシが音を長く聞かせる通路を意識的に作り、ここにユーソニックを設置します。
電源AC100Vが必要になります。電源が取れる場所を意識してください。
-------------------------------------------

防護柵の無いゴルフ場の対応  

重要なグリーンやフェアウエイに向けてユーソニックを仕掛けます。

スポット対応になります

-------------------------------------------

【侵入防護柵について】
侵入防護柵は、金網柵、ワイヤメッシュ柵、電気柵、トタン柵、ネット柵などがあります。設置費用と維持費を考慮して設置する必要性があります。
金網柵は、景観、耐久性、維持費に優れますが、設備費用が課題です。私が出張したゴルフ場の多くは、コース管理者が力を合わせて設置していました。設置後、防護柵の下をイノシシが下を掘って侵入したり、柵を破損したりしますので定期点検が必要です。
ワイヤメッシュは、景観が悪くなりますが、樹木を利用してプレーヤーから見えなように工夫しているゴルフ場もありました。ワイヤメッシュの繋ぎ部は、強固にしないと隙間を作って侵入します。また、土地の起伏に合わせた設置をしてください。侵入されそうな隙間のある設置も時々見受けられます。
電気柵は、導入コストが安く済みますが、設置ノウハウと維持管理が難しいようです。ゴルフ場を回ってみると、下草が生えて電圧が出ていないものや、設置高さが悪いものがありました。
  • イノシシの鼻の高さに電線を設置します。イノシシは、鼻で感電させないと効果がありません。20cm位の高さが良い。ただし、ウリボウはそれよりも低い位置になります。イノシシは、下を通り抜けることを好みますが、1m位の柵は、助走なしで飛び越えられる能力があります。
  • プレーヤが感電しない場所でも「高圧注意」の表示をします。
  • 下草の駆除しやすい場所に設置して、定期的に草刈りを行います。草の葉が電線と接触して、焼けて変色している場所を見かけます。
  • 電気柵の高圧側の電極からユーソニックへの電源供給は絶対しないでください。ユーソニックが破損した事例があります。電気柵の取扱い説明書を読んで正しい設置をお願い致します。
  • 電気柵は、下草除去ができる範囲の設置としてください。メンテナンスができず金属柵に変更するお客様も見受けられます。
-------------------------------------------
柵内部に住むイノシシ
ゴルフ場の周囲を防護柵で囲ってもイノシシ被害が減らない場合は、ゴルフ場内部で生活するイノシシを疑うことも必要です。ゴルフ場は、イノシシの好む環境が整っています。猟友会に依頼するなどして、イノシシを駆除することが必要になります。
-------------------------------------------

 

 

千葉のゴルフ場より

千葉県のゴルフ場様からリピート・オーダーがありました。嬉しい受注です。

既存装置1台は移設、新規1台を稼働することにより、広範囲なイノシシ対策が可能になりました。下の写真2枚は、移設したUsonic-4SP-100です。左下の写真は装置を斜め前から撮影、右下の写真は、音が出て行く方向を映しています。イノシシは、右下写真の奥から手前に侵入してきます。イノシシの嫌う音を侵入路に効率よく行き渡る配置にしてあります。

exist_4sp

次の写真は、新設した装置です。形式名は既存装置と同じ「U-SONIC-4SP-100 」ですが、中身は進化しています。例えば、最新機種は、液晶による表示で設定操作が楽になりました。

新しい設置台は、従来品よりも小型になりました。イノシシの肩高は60~90cmです。これに対して、設置台の高さ50cmその上に装置を載せれば、イノシシの耳の位置付近になります。設置後の微調整は、右下写真の赤矢印で示したネジを緩めて本体を上下することができます。更に左右方向の微調整もできるようになりました。左右方向の調整は、装置底面のネジを4本緩めて装置を左右に微調整することができます。詳細は、据置設置台USONIC-4SP-RK05をご覧ください。

new_4SP

このゴルフ場で成果が出たため周囲のゴルフ場も導入して頂きました。今回の設置は、強い雨が降っていましたが、無事設置完了しました。関係者の皆様ありがとうございました。

このゴルフ場で効果を発揮し、このゴルフ場から周囲に広がり、千葉県内の設置実績は26以上です。

他県は、宮城県,栃木県,茨城県,群馬県,長野県、静岡県,岐阜県,愛知県,滋賀県,三重県,大阪府,奈良県,和歌山県,兵庫県,岡山県,富山県,福井県,石川県,福岡県,長崎県,大分県,宮崎県など、全国のゴルフ場で稼働しています。

超音波で誤動作しません!

【よくある質問】

超音波で、「電波時計」は誤動作しませんか?」  ⇒ ユーソニックでは、誤動作しません。
超音波で、「赤外線リモコン」は誤動作しませんか?」 ⇒ ユーソニックでは、誤動作しません。
ユーソニックは、電磁波を使って動物を忌避していますか?⇒ 電磁波は使っていません。
超音波で、「ペースメーカ」は誤作動しませんか?」 ⇒ ユーソニックでは、誤動作しません。
超音波で、「携帯電話」は誤動作しませんか?」  ⇒ ユーソニックでは、誤動作しません。

【電波時計について】

電波時計は、福島県から発射される40KHz、佐賀県から発射される60KHzの電波(電磁波)を受信して時刻調整をしています。超音波撃退装置も、40KHzや60KHzを含んだ音波を出しています。しかし、電波時計を超音波撃退装置の前で動作させても、「正常に時を刻んでいます」・・・なぜでしょう。

  (理由)

電波時計は、電波(電気と磁気の波)を利用していますが、超音波は空気の圧力変化の波です。音を高くしても電波になりません。電波は、1秒間に地球を7周半(300,000Km)進みますが、音波は、0.34Kmしか進みません。音を高くして超音波になっても同じ速度であり、音の性質を超えることはできません。電波は、真空中でも伝達しますが、音波は、空気の振動のため空気が無いと伝達しません。超音波になっても音波と同じで真空中では伝達しません。超音波は、水中や金属の中では、伝達速度が早くなります。ここでは、空気中の一般的な条件(気圧や温度)で説明しています。

【赤外線リモコンについて】

赤外線リモコンは、人間に見えな領域の光を利用しています。これも、電波時計と同様で、全く異なる性質のもので、音は光に影響を与えません。

【質問:ユーソニックは、電磁波を使って動物を忌避していますか?】

 ユーソニックは、動物の撃退に電磁波を使用していません。電磁波の外部への漏れないように設計をしています。私たちが日常使用する電化製品は、法律で電磁波の規制があります。ユーソニックも、その法律に準拠した設計をしています。

 次の写真は、電波暗室で安全基準を満たしているか測定しているものです。この写真の奥の壁面付近にアンテナが設置されていて、ここでユーソニックから発する電波を受信して、隣の部屋の計測器で電波の強さを測定します。下左の写真は、ユーソニック・ミニの測定直前のもので、測定中はターンテーブルが自動回転してユーソニック全面の電波を自動測定します。

IMG_3797電波暗室

電波暗室で実験していると、携帯電話の周波数帯で数値が高くなることがありました。廊下を歩く人の携帯電話からなのでしょうか?私たちの測定者の携帯電話は、電源OFFです。

【 質問:超音波で、携帯電話で誤動作しませんか?の回答】

冒頭「超音波で携帯電話が誤動作しませんか?」の質問に対し「誤動作しません」の回答をしました。携帯電話の使用帯域800MHzにおいて、ユーソニックから放射される伝導性妨害強度は、規制値の1/200(-23dB)~1/300(-25dB)でした。ユーソニック3機種により若干データに差はあるものの良好な結果となました。このことから、携帯電話が誤動作しない根拠になっています。

 【 質問:ペースメーカの誤動作の回答】

ペースメーカの誤動作させるような電磁波は、発生していません。理由は、一般家庭の100V電源で使用する家電製品の安全基準試験を実施しています。アダプターを用いた低い電圧で動作する製品は、この試験を省略できるため、アダプターを使用する製品よりも安心です。

超音波に関しては、医療用機器や美容器などでは、使用を避ける項目があります。これらの機器は、振動子を直接人体に接触させて超音波を伝達させる方式で、ペースメーカへの振動量が大きくなります。一方、ユーソニックから発する超音波は空気を介在してから体内への伝達になります。超音波は、異なる物質の境界で反射する性質があります。空気から体内(水)に衝突する境界では、多くの超音波振動は反射するため体内への影響は問題ない値です。また、コンサート会場の割れるような拍手や金属などが衝突した時には、大きな値の超音波が発生します。大きな拍手や爆音でペースメーカが停止するような事故は、確認できませんでした。ただし、ペースメーカを使用している人も、一般の人と同様に「装置の直前に長時間滞在しないでください」

【音波と超音波】

「音波」と「超音波」の違いは、音の高さです。音を高くしていくと、やがて聞こえなくなります。この聞こえない音を超音波と呼んでいます。聞こえなくなる音の高さは、個人差があります。若い人が高い音をまで聞こえる傾向にあります。そのため、超音波の定義も曖昧で、16kHz以上としたり、20kHz以上と定義したりします。雑談ですが、「超特急」、「超・気持ちいい」という表現もありますが、超の表現は、超曖昧です。超特急のように特急を超えても特急と同じで、超音波も音波を超えているようでも音波なのです。動物の種類によっても、聞こえる音の高さが違います。犬や猫は、人間よりも数倍高い音が聞こえます。音が高くなることによる性質の変化は、指向性が鋭くなり減衰が大きくなります。

【電波と電磁波】

この文書でも、電波、電磁波、光を混同して使用しています。電磁波は、周波数によって性質が大きく変化します。電磁波のうち300MHzあたりまでを「電波」と言って、テレビや携帯電話などの通信に使用します。300THz(テラヘルツ)から1000THzあたりは、「可視光線」、つまり「光」になります。それよりも高い周波数になると紫外線になり、放射線に変化します。電磁波は「電界と磁界が同時に存在し空間を伝わっていくエネルギーを持った波」なんて定義されています。わかりにくいですよね・・。

【超音波は特殊?】

超音波は、特殊ではありません。例えば、物を叩いたり拍手をすれば、人に聞こえる音に混じって超音波が発生しています。家庭で使用している電子機器も発生しています。聞こえないだけです。以前、安い家電製品を1階で使用したとき、私には聞こえない音が2階の子供には聞こえていました。電子機器に内蔵する電源(スイッチング電源)の振動が音となって伝わっていました。

【なぜ、超音波は人間に聞こえないのですか?】

外耳道(共振器)、蝸牛、鼓膜、耳小骨、などの大きさや構造により、20~200,000Hzの振動は、人間の耳の中を伝達して脳に届きます。赤ちゃんの泣き声など、少し高めの音2000Hz~4000Hzが、最も効率が良く伝わり、小さな音量でも良く聞こえます。この範囲から離れるほど、伝達しにくい構造になっています。やがて聞こえない音になると超音波と呼びます。

【ユーソニックは、AE波は使っていますか?】

AE波 に記載