鉄道電気技術賞と無事故継続

平成29年6月13日東京都千代田区ホテルメトロポリタンにて一般社団法人日本鉄道電気技術協会様より鉄道電気技術賞をいただきました。件名は、獣類と列車との衝突事故を回避し、鉄道の安全・安定輸送と野生動物との共存を実現した「シカ(鹿)踏切システム」の開発です。共同受賞した近畿日本鉄道(株)様、(株)京三製作所様、(株)トーキンシステム様、と関係各位様に感謝申し上げます。
会場で、近畿日本鉄道(株)様各位様と久しぶりに面会でき、その中で「シカ踏切」の無事故が393日継続しているとの情報を頂き、受賞に花を添えて頂きました。

賞状       鉄道と電気技術

今回の表彰に至った研究開発は、鉄道と電気技術2017年6月号のテクニカルフォーラム優秀賞の「汎用技術を応用した新しい仕組みの獣害対策」に掲載されました。近畿日本鉄道様の過去12年間の接触事故推移や対策内容、新しい仕組みと効果検証、実証確認などが記されています。汎用技術であるユーソニックの効果検証からシカ踏切に進展させて、シカ踏切のシステムとの有効性を確認することにより、「鉄道の安全」を築き上げる内容となっています。

 

シカ踏切(論文発表、書籍)

「汎用技術を活用した新しい仕組みの獣害対策について」の論文発表があります。

開催日  2017.2.9(木)

会 場  千代田区丸の内1-7-12 東京ステーションコンファレンス 5F

主 催  日本鉄道電気技術協会

後 援  国土交通省

発表者  近畿日本鉄道、京三製作所

参考URL  第30回鉄道電気テクニカルフォーラム発表会

上記URLによれば、聴講歓迎 発表の論文集が無料配布されます。

弊社からの発表はありません。

 

「安全輸送と野生動物が共存できるシカ踏切」が、「森林技術」2017年2月号に掲載されます。

森林技術は、一般社団法人日本森林技術協会の書籍です。
著者は、㈱モハラテクニカ 根岸弘行

内容は、近畿日本鉄道株式会社にて実施した鹿の接触事故対策事例を3ページで紹介します。サブタイトルは、「音を利用した鹿の行動管理」で、シカ踏切導入の背景やしくみと導入効果を記述しました。第30回鉄道電気テクニカルフォーラムにて公開された鹿の出没データも掲載しました。

2017年2月17日(金)北海道大学で開催される「野生生物と交通」研究発表会にて、前述の「安全輸送と野生動物が共存できるシカ踏切」を抜粋した資料が配布されるそうです。

弊社からの発表はありません。

関連記事

鹿の踏切(ユーソニック)報道される。 2016年9月20日投稿

鹿の踏切_7ヶ月後の報道 2017年1月27日投稿

鹿の踏切_7ヶ月後の報道

2台のユーソニックを使用した小規模評価から1年、規模を広げたシカ踏切の完成から7ヶ月が経過、その内容がテレビと新聞により報道されましたので紹介いたします。

 

「大阪毎日放送ボイス」  2016年12月16日(18時47分~) 放送

 

  • 見えない踏切を覚えていますか?
  • 設置から7ヶ月が経過し予想以上の効果だった。
  • 奈良県内でも設置に向けて準備を始めた。
  • 毎日どこかで事故が発生、ネットなどの対策を行うが成果が上がらなかった。
  • そこに登場したものが鹿に不快な音を与える装置、鹿の通り道に設置して「見えない踏切」を作る。
  • 5月の装置を設置して効果を検証、7か月を過ぎて「接触事故が0件」で担当者も驚く。
  • 予想以上の効果で、安全輸送が保たれることが、うれしい
  • 他の路線、榛原~室生口大野間でも準備に入った。
  • 監視カメラを仕掛けて鹿の通り道を特定、鹿を安全に通す。
  • 他の鉄道会社や農業分野の応用も考えている。鉄道会社から始まった新たな広がりに注目。
  • 鹿を通してあげる・・ただし、事故を行ないようにね・・生態系も維持される。
  • 近鉄さん、おみごと!
  • 日本の農産物の被害、年により80億以上あると言われている。
  • 有用性が認められた。より増えていくといいなと思います。

 

産経新聞(夕刊)より

sankei

近鉄東青山駅周辺では、昨年17件の衝突事故が発生した。

シカ踏切設置後、7ヶ月が経過して衝突事故はゼロに抑えられた。

http://www.sankei.com/west/news/161216/wst1612160040-n1.html

 

野生鳥獣との共存に成功したと思います。