NHK奈良放送局で紹介される

2018年2月2日NHK奈良放送局の「注目ニュース」にユーソニックを使用したシカ対策が放送されました。

動画は、NKH奈良放送局のホームページにあります。

http://www.nhk.or.jp/nara/program/chumoku_news/index.html#0202-1

 

今回の放送は、津市と奈良宇陀(榛原~室生口大野間)に設置した内容が新規項目です。宇陀への設置は、昨年(2017年3月)で、もうすぐ設置して1年になります。近畿鉄道八木信号区の坂本剛助役によれば「効果は絶大と捉えている。電車に対しても鹿に関しても”win-win”の構築が出来たかなと考えているそうです。

  • 画像①は、電車の手前右にユーソニックが写っています。
  • 画像②は、今回の場所_津市と奈良宇陀(榛原~室生口大野間)
  • 画像③は、「効果は絶大」・・嬉しいですね。

画像はNHK奈良放送局で放映されたものを静止画に加工しました。

北海道新聞にユーソニックの記事

北海道新聞朝刊(2018年1月23日)に、ユーソニックを使用した記事が紹介されました。

シカ(ニホンジカ)が列車にはねられる事故を防ごうと、さまざまな試みが全国で繰り広げられる中、近畿日本鉄道(大阪市)は、・・鹿を排除するのではなく共存を目指す。(編集委員 橘井潤)

シカ踏切を示す近鉄の匹田雄史さん。

 

完全にシャットアウトするとシカは他に道を探す。その結果被害が広がってしまう。これはベストと言えません。㈱モハラテクニカ 根岸

柳川久・帯広畜産大学教授は、動物の移動は水の流れと同じで、遮断してもどこかであふれてしまうので「シカ踏切」のように事故のリスクの少ない時間帯に通すのは効果的です。超音波に慣れず、危険の少ない時間帯を学習してくれるといいですね」と評価している。

読売テレビ 【かんさい情報ネットten!】

読売テレビ 【かんさい情報ネットten!】でシカ踏切の報道がありました。

放映日時 2017/12/01  17:17~

踏切が開くまでシカがお行儀良く待つ事でしょうか?・・

遮断器がユーソニックです。以降 シカ踏切の説明(略)

 

その効果は?

シカ踏切を設置した去年の5月から起きた事故はたったの1件! 事故が激減したのです。

以上、放送の中より抜粋

——————————————————————————————————————-

補足:対策前の事故は青、対策後の事故は赤印の1件です。2016年の5月までは、トンネル出入口付近のみユーソニックを設置して第1ステップ小規模評価(※1)を実施、5月に東青山駅周辺の全域(シカ踏切)に設置を行い本格的な稼働になりまました。このような理由で2016年の接触事故2件は、未設置部の事故のため青色のグラフになっています。

※1鹿に優しい鉄道事故対策の第1ステップ:小規模評価を参照してください。

青で示す事故件数推移は2015年まで毎年増加していました。これはシカの生息数の増加や環境域の増加と思われます。ニホンジカの自然増加率は毎年18%の増加です(※1)。他の鉄道事業者の事故件数推移をみても、ニホンジカの増加率に近い値の増加率になっています。

※1環境省自然環境局が平成27年4月に発表した資料2012年中央値

「音による獣害対策は効果が無い」「音による獣害対策は慣れが発生する」という言葉を聞きます。上右図(映像コピー)で示された事故推移グラフから「音による対策効果はあり、「慣れの発生はなし」と言って良いでしょう。